2~3分の記事です。

東京マラソン2020参加賞(ランナーローブ、アルミシート、オフィシャルプログラム)

東京マラソン2020の参加賞はランナーローブ、アルミシート、アサヒDRY ZERO、アネッサ日焼け止め、オフィシャルプログラムの5つ。

チャリティランナーの参加賞は、Tシャツ、マフラータオルの2つ、又、東京マラソン2020から有料(4,536円)になった参加Tシャツの実物写真も載せておきます。
東京マラソン2020は、新型コロナウイルスの影響で、一般ランナーの参加は中止になりましたが、参加賞だけは送られてきました。

ランナーローブ

東京マラソン2020参加賞ランナーローブ
写真は大きくなります。

東京マラソン2019の時は完走タオルでしたが、その代りになったのがランナーローブです。ポンチョタイプで普段着るには派手かなというデザインです。

次回の東京マラソンのスタート待機の時に防寒として利用する方もいそうです。ですが、私は脱ぎ捨てるにはちょっともったいないと感じるので、「お着替えポンチョ」として利用する予定です。

Tシャツ / チャリティーTシャツ

東京マラソンTシャツとチャリティランナーTシャツ
写真は大きくなります。

写真左側が「シグネチャーTシャツ(4,536円)」、写真右側が「チャリティーランナーTシャツ」です。チャリティTシャツは無料です。

シグネチャーTシャツは、あまりにも派手なので買うかどうか迷いましたが結局購入。実物を見てみると、ランニングならOKレベルかなと思いました。

また、東京マラソン2020のチャリティTシャツは紺色で、普段着るにも丁度良いデザインでした。東京マラソン2019のチャリティTシャツはピンク色で、今年もピンクなら着る事はなかったので嬉しかったです。

オフィシャルプログラム / アルミシート

東京マラソンアルミシートやオフィシャルカタログなど
写真は大きくなります。

写真は、オフィシャルプログラム、アルミシート、チャリティランナーの参加賞マフラータオルです。アルミシートは、ゴール後にかけてもらえ、保温が良いのでゴール後の冷えを軽減してくれます。次回の東京マラソンのスタート待ちの際の保温に使ってる方もいます。

まとめ

東京マラソン2020の参加賞は、ランナーローブ、アルミシート、アサヒDRY ZERO、アネッサ日焼け止め、オフィシャルプログラムの5つです。そしてチャリティランナーの参加賞は、Tシャツ、マフラータオルの2つでした。写真を見たい方は記事内にあります。

東京マラソン2020は、コロナウイルスのために一般参加は中止になりましたが、4月中旬に参加賞が宅配されてきたのでご紹介しました。東京マラソン2020の参加者は、東京マラソン2021か2022のどちらかに出場権を移行できるようになりました。

次回東京マラソンが開催される暁には、コロナウイルスを乗り切った証として、思う存分楽しみたいですね。

東京マラソン 関連記事 スタートブロックの通知
手荷物預けと受取り方法
ABCDEブロックとロスタイム
新旧コースを比較して分る攻略法
TOPへ(記事一覧)